反響の出るチラシについて


チラシの反響を最大限に高める為には、様々な手法があります。その中でいくつかチラシつくりのヒントになることを記述いたします。成功事例も交えてご紹介しますので、ぜひ「反響がでない」、「チラシの作り方がわからない」というお客様は参考にしてください。

もちろん京都ぱどではそれらの手法は全て網羅した上でチラシ作りに取り組んでおります!

チラシつくりの原点

チラシに限らず、広告を出稿する際は「誰に何を訴求しどう行動してもらうか?」が一番大切です。

 

1.誰に = 男性?女性?、どこに住んでる人?、いくつくらいの人?、何に困ってる人? など

 

2.何を = 商品やサービス。必ず目玉は用意すること(全て同じではウリが明確になりません)

 

3.どう行動する = 直接来店? メールでお問い合わせ? 電話予約?

 

以上のような流れです。


反響を出すテクニック

チラシの反響を上げるにはテクニックがあります。それを数点ご紹介します。

 

1.キャッチコピーの作り方

  広告を出す上でまず始めに目に入る文章、それがキャッチコピーです。

  キャッチコピーの作り方には16の法則がある(みたいです。)

  エクスペリエンスマーケティング 伝わるキャッチコピー16の法則

  

2.広告は0.5秒で注目させなければならない

3.計測できるしくみを持たせる(特典をつけて計測する、○○を見たの予約で、など)

4.お店の地図は必ず入れる

5.取材風の文章の書き方や手紙風の書き方など文章を工夫する

6.目的は1つに絞る (集客と求人の告知を混在させないなど)

7.電話番号は大きく、多く入れる

8.安心感を出す写真

9.お客様の声を入れる

10.写真にキャプション(注釈)は必ず入れる

11.テストを繰り返す

 

以上、テクニックの一部を紹介しました。


チラシ制作・印刷・折込までのトータルパックでの成功事例

配布部数の見直しでコストダウン!

チラシ表面
チラシ表面
チラシ裏面
チラシ裏面

あるガソリンスタンドさんのチラシを作らさせていただきました。

もともとはB4チラシで約10万部ほど新聞折込で撒かれていました。

配布の内容を調査し必要商圏を約半分と判断し、ご提案。そしてチラシも従来のB4からA4の少し固めの紙に印刷する方向でシフトしました。

 

その結果

 

反響は変わりませんでした!!!

 

一見ダメなように見えますが、ポスティング配布により必要部数を割り出し、配布部数を削減。また新聞の未購読層である若いファミリー層にもリーチができ、同じ反響が取れたということです。ということは、広告費の削減に成功したということになります!

以上のように京都ぱどでは常にお客様の商圏や強みをしっかりと調査し、チラシや広告作りに取り組んでいます。いつもチラシだけれども、実はクーポンBOOKぱどに出した方がいい、ホームページを作ったほうがいいという判断になることもあります。集客の包括的なご相談に対応します。

 

店長様の声

ぱどの広告は今までの折込の反響と違って、単独ポスティングサービスを使ったので反響がばらけてくれた。そのおかげで、集客が集中して他のお客様に待たせたり、迷惑をかけてしまうということがなくなったので良かった。

そして配布するチラシを余分に持ってきてくれたので、店頭でのお客さんへの声かけのツールとして使えて便利。その手渡しのチラシで車検に来てくれたお客さんもいました。

もちろん広告費の削減に繋がった点も良かったです。

レポート風チラシの制作とポスティングで反響アップ!

チラシ表面
チラシ表面
チラシ裏面
チラシ裏面

新築の物件の内覧会を実施する為、ぱどを使い広域に取材広告を出稿されました。ただ、ぱどのエリアから少し外れた地域にもお知らせをしたいということで、取材風チラシを制作し、ポスティングにてぱどのエリア外にチラシを配布することをご提案。

 

レポート風記事は、通常のチラシとは違い内観や外観、間取りだけの写真のように状態だけを見せるのではなく、実際に人がチラシの中にいることで目立たせることができ、まるで体験しているような印象を与え、記事として読ませることも可能です。

不動産業種・工務店業種のこれからの紙媒体での反響を上げる方法は、まさに人を原稿に介在させてリアリティーを強調することが重要です。その上で裏面に物件を告知することが望ましいです。

 

その結果

 

たった4000部のポスティングで4組の来場実現!!

 

ターゲットをこれから家を購入する世代に絞ることで、ママに対しての訴求力が上がります。

やわらかく、親身な印象を与えることもできますので、安心感も出ています!

取材力が強いぱどのチラシつくりも是非お試し下さい。

 

ご担当者様の声

当初は、ぱどで広告をうつ予定でしたが、必要な商圏をカバーできるポスティングのサービスもあると案内してもらいお願いすることにしました。

今までモデルさんを使った切り口のチラシ作りもしていなかったので、満足いくチラシ作りができました。

そして、そのチラシの効果で物件に来場があった点もとても良かったです。

 

以上のように京都ぱどでは常にお客様の商圏や強みをしっかりと調査し、チラシや広告作りに取り組んでいます。いつもチラシだけれど も、実はクーポンBOOKぱどに出した方がいい、ホームページを作ったほうがいいという判断になることもあります。集客の包括的なご相談に対応します。

 

以上、テクニックの一部を紹介しました。


参考書籍

お手ごろな価格で集客のヒントになる書籍はたくさんあります。

一部集客に関する書籍をご紹介します。参考になれば幸いです。